地震を予測できるサイトに登録しておこう!

観測網の整備

地震

精度向上の必要性

地震の予知は非常に難しく、これまで想定され、警戒されていた東海地震とは別の地域での地震が多発している。特に東日本大震災は、さほど注目されていない地域であったこと、想定されていたものをはるかに越える規模であったことから、これを機に改めて観測網が拡充されている。特にGPS観測網が整備されたことにより、以前に比べ地盤の歪み、動きの把握するための情報が著しく増加した。このデータを活用することで次に地震の発生が予想される地域、危険性の高まっている地域を把握できるようになりつつあり、将来的に地震の予知につながるものと期待される。現在はハザードマップにより、向こう30年間の発生リスクが図示されている。特に太平洋側の地域は南海トラフ巨大地震が差し迫っていることから発生リスクが高い地域とされている。現在、発生直後に発表される緊急地震速報が頼りであるが、南海トラフは日本列島から近い領域であることから速報からの時間が短い。事前に予知し、備えられるような体制を整えておく必要性が考えられる。現在のGPS網をさらに整備すること、海域にもこの観測網を広げること、または新たな機器を活用した別の観測網を整備するなど、地震の予知精度を向上させるための投資が必要である。これまで発生した地震を見てわかるように、一旦発生すると建築物、道路その他、復旧するために非常に長い時間が必要となる。又、人的被害も看過できない、非常に甚大な被害となる。予知することで減災ができれば、復旧に要する日数も短縮することが期待できるし、何よりも人命を救う最良の手段となる。