地震を予測できるサイトに登録しておこう!

情報収集で身を守るには

災害

起きた後に注意すべき情報

地震大国の日本でさえ、地震の完璧な予報は不可能です。そもそも、よほど強い地震が来ない限り、予報に関して気にならないことがほとんどです。実際、ネット検索で「地震予報」と検索してみても、近年では2011年と2016年でしか大きなアクセス数は見られません。これは2011年に起きた東日本大震災、そして2016年に起きた熊本大震災があったからこその検索結果だと言えます。しかし、地震が起こった後でも予報は重要な意味を持っています。本震があった後には必ず余震が続き、その余震もまた無視できないためです。予報から考えるべき点は、地震がいつどこで起きるかという点と、地震が引き金となる2次災害の可能性の2点です。いつどこで地震が起きるかという予報を知っておけば、自分が安全に向けて取るべき行動が見えてきます。危険地帯を避けて避難経路を考えられますし、いざ大きな余震が来てもパニックに陥らない心構えが持てます。そして予報から2次災害の可能性を探ることがなによりも重要。地震が引き起こす津波の恐ろしさは言うまでもありませんし、火山活動の活発化も見過ごせません。工場など、化学薬品を備えている建物にも注意すべきでしょう。そしてなによりも、地震による建物倒壊の可能性を考えなければなりません。自分のいる建物に留まり続けても安全なのか、やはり危険であり避難すべきかの判断基準になります。いまは予報が見られるサイトやアプリも登場しているので、それらをチェックしておくことも大事でしょう。