地震を予測できるサイトに登録しておこう!

日ごろの危機管理が必要

日本列島

日本で必要な知識とは

地震大国である日本において知っておくべき知識として地震の階級があります。この階級は日本独自のものでニュースなどでもよく、震度0から震度7までの10段階の言葉を耳にしたこと人も多いのではないでしょうか。この階級は地震の規模ではなくその揺れの大きさを表しています。よくその揺れの規模を表すものとしてマグニチュードという言葉もありますがそれとはまったくの別物なので知識として入れておくことをお勧めします。そしてこうした地震階級を日ごろから気にかけていくためには地震の予測情報をうまくチェックしていくことがポイントとなってきます。テレビやスマートフォン、携帯電話などでもなじみ深い緊急地震速報、ここでは先に挙げた階級やマグニチュードなどの言葉でその危険性が知らされていきます。事前に揺れを予測してそれを情報として知らせてくれるこのシステム、揺れが来る数秒前に知らせが送られるため緊急時の判断がより付きやすくなります。気持ちに余裕もできますし、それが命を守るためには必須となるのです。日本の揺れの予測技術は非常に優れています。これは地震大国ならではのことですが、こうした地域に住んでいるのであれば尚のこと、日ごろの情報収集、予測情報をうまく活用していくことが大切になってくるのです。プラスαの工夫として、保存食や避難用荷物を日ごろから用意しておく、スマホのアプリを活用し災害情報に敏感になっておくなど、個別に対処していくのもおすすめです。