地震を予測できるサイトに登録しておこう!

災害

情報収集で身を守るには

地震が起こる前、起こった後でも、安全を確保するために予報は必要です。いつどこで余震が起きるかという予報は、自分のいる場所が安全かどうかの判断基準になるからです。サイトやアプリのチェックも行なっておきましょう。

地震

観測網の整備

地震は一旦発生するとその被害が大きいため、復旧するために長期間を要する。又、多くの命を失う危険性が高い。現在、予知は難しいとされているが、観測網の整備等を実施して地震予知の精度を向上させ、減災の手立てとしたい。

いざというときのために

女の人

普段からの備えを十分に

最近日本でも大きな地震が立て続けに続いています。熊本地震から1年が経過しましたが、活断層地震ではこれまで国内でも例がない地盤の変化や活動が続いており、断層によっては歪みが生じ、いつまた大地震を引き起こすかもしれないという油断できない状況が続いています。そのため大事なことは、普段から震災に対する備えを十分にしておくことと予測情報を把握しておくことです。地震の予測は過去のデータを元にある程度の予測はつくものの、必ずしも当たるとは限りません。今回の熊本地震では、このエリアで震災が発生する割合はほかと比べても高くはありませんでした。ですから「ここは大丈夫。」と安心するのではなく、予測データを元に震災に対する知識を得ることが大切です。まずは地震が起きたときにすぐ反応できるように緊急速報が入手できる状態にすることが大切です。最近は一人一台スマートフォンを持つ時代になっているので、ぜひ緊急速報を入手できる状態にセットしておきましょう。また、いざ震災に巻き込まれた時のことを考えて普段から震災グッズを準備しておく必要があります。過去の例参考にしながらいつでも対応できるようにしておきましょう。震災直後は交通網が氾濫し、生活必需品や食料、飲料水などすぐに支援できない場合があります。ですから必要最低限のものは自分たちで揃えておく必要があるでしょう。日本は地震の多い国です。油断せずしっかり防災意識を高めておくことは大事なことと言えるのです。

日本列島

日ごろの危機管理が必要

地震が多い日本の場合、揺れの多さを表す独自の階級が存在しています。こうした知識を日ごろから備えておくこと、そしてテレビやスマートフォンから知らされる緊急地震速報などの予測情報をうまく活用して命を守っていくことが大切になってくるのです。